【短期バイト】答案用紙の添削バイトをやってみた

【短期バイト】答案用紙の添削バイトをやってみた

模擬試験とかではないけども公文式のアシスタントのバイトをやってみた。公文式はホワイトボードや黒板といったものを使わずにプリントのみで授業というか生徒に解かせるパターンだね。ある程度小中学校レベルの問題は解けるような頭持ってないと、生徒に解説したりするときに若干困るかもしれないね。

kumon.jpg

公文式は場所によって自宅のようなところだったり、オフィスの一室を借りたところもあったりとかなり店舗形態がバラバラ。(やることは同じだけどね)

やることといったら虎の巻(答えが書かれてる本)を見て、生徒達が解いたプリントの採点をしていく作業がほとんど。英語のリスニングテストを受け持つこともあるけど。生徒がいなくなる時間帯とかはお茶をいれたり、掃除もさせられたか(´・ω・)

生徒が解いたプリントの点数等もしっかりとメモしないといけなかったりと、事務的作業もプリントの添削をしつつになるから最初のうちは大変に思うかもしれないね。

後は宿題用のプリントの枚数を決定したりもする!
これは子供と相談したり、こっちで頑張れッ!っとプリントを多めに渡したりと、生徒のモチベーションを落とさないように調節するのが難しい。


黒板とかを使って生徒全員に教えていくタイプではなく、あくまで生徒がプリントを提出してそれに対応するといった業務。まあ受け身な部分がでかいし、バイトする側としては結構楽。

ただ、間違えた時は何がどう間違っているかや解き方のアドバイスを軽く教えてあげたりもするね。マルバツつけるだけの簡単なお仕事ってわけではない(笑)

添削作業で困ることはほとんどないんだけど、たまに問題がわからなくて泣いちゃう子もいるんだよね。特に小学生なのに中学生レベルの問題を先取りしてやってる子なんかに多い。

そういった子にも優しく対応しつつ、解き方を教えてあげたりと添削作業以外でのことのほうが大変だったりする。

関連記事

人気コンテンツランキング!