ネットで探すとライバルが少ない!

ネットで探すとライバルが少ない!

例えば交通量調査という人気の短期バイトがありますが、これは普通の人はバイト雑誌のanやフロムエーに掲載されているのを見て電話して応募します。

雑誌で探すとライバルが非常に多いので、ちょっとタイミングが遅れるとすぐ抽選は締め切られます。

しかし、ネットで短期バイトに応募するといとも簡単に予約できたりします。

これは単純に「ネットでのバイトの応募はライバルが少ないという事実をみんな知らない」のです。

そもそもフロム・エーのネット版のフロム・エー ナビやanのネット版のanセレクトの存在を知っている人自体も少ないです。

さらに雑誌版だと買わないといけないですが、ネット版だと無料です。

短期バイトはその名の通り短時間の単発バイトがほとんどなわけですが、短期バイトをゲットするまでの時間もバイトの時間の内です。

つまり短期バイトを探す時間もバイト代に含めて考えるならば、時給も違うと考えてもいいでしょう。

このように、ネットの短期バイト検索サービスを最大限有効活用することで、大きなアドバンテージを狙えます。

関連記事

人気コンテンツランキング!